読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろーど

世の中の「面白い」を探す旅に出る!

温泉宿の男湯で外国人美女と遭遇した時の話

嘘のような本当の話 旅を楽しむ

f:id:taiikun:20161216204826j:image 

 

ども、たいいです。

今回は、ぼくが21歳の時に起こったビックリ体験の話を公開しちゃいます!!!!

それでは、早速いくよーーーー

 

 

箱根の温泉旅館にて…

まず始めに、ぼくは箱根にある旅館でホール兼バーテンダーをしていました。

いわゆるリゾートバイトってやつね。

 

まぁ仕事内容は、至ってシンプル。

宿泊客をレストランにて、朝夕食のおもてなしをすること。

結構きつい仕事だったけれど、今回は話と関係ないので割愛。

 

 

そしてここからが本題。

この旅館では、ぼくたち従業員も温泉に入れることになっていたんだ(勿論、お客様が比較的少ない時に限る)。

 

仕事終わりに、温泉って最高だよね〜〜

まさに、仕事疲れも吹っ飛ぶってもんだ。

 

それでいつもの様に仕事が終わり、一人湯船でくつろいでいたら脱衣所に髪の長い金髪の人影が…

 

ん!?男の割には、ロング過ぎねぇーか?って見ていると、扉が開いてビックリ!!!

そこに立っていたのは、なんとでした!!!!

 

え、何故ここに女がいる??

 

もしかして、ぼくが間違えて女湯の方に入っていたのか?人生終わりか?

お父さん、お母さん、痴漢息子でごめんなさい…

 

いやいや、待て待て…

そんな馬鹿な話があるかぁぁ!!!

だって、ちゃんと男湯の垂れ幕をくぐって入ったし。だから、ここは男湯の筈だし!!!

 

こんなん間違えるはずもないし!!!!

 

でもそれなのに何故、女(しかも絶世の美女)が立っているのだ???ここは、混浴温泉じゃないぞ!?

 

そんな事をぼくは湯の中で暫く自問自答、そして相手も頭が真っ白になっているのかボー然と立ち尽くしている…

 

すると後から、外国の男(おじさん)が入ってきて気づいたのか、何事もなかったかのような感じですぅーと女湯へ戻って行きました。

 

結局、何故入ってきたのは謎のままだが、まぁ外国人だったから漢字が分からなかったのだろう。

 

うん、多分そうだろう(適当)…

 

それにしても…

実に見事なカラダだったなぁ〜

完璧なまでのスタイルに加えて、おっぱいがデカかったし綺麗だったなぁ〜

アソコもツルツルだったなぁ〜

 

それと関係ないけど外国人女性って、前をタオルで隠さない人が多いのかな?

 

まぁ、色々な感情があったわけですよ(特にお湯の中にある逸物がね、やばかった…)。

 

最後に

ぼくは生涯、この美女の裸を忘れることはないでしょう。

そして「男湯で美女と偶然対面する」なんて、世界中どこ探してもぼくだけだろうな。

とにかく喜びと疑問が沢山あったビックリ体験でした!!

 

 

それではまた〜 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする